二次会が成功する方法

 結婚式の二次会って印象に残りますよね 

 

結婚披露宴は人生の一大イベントです。

それに続く二次会も大きなイベントだと思いませんか?
だって大切な友人たちが遠くから集まってお祝いしてくれるんですから。

 

披露宴が素敵でもそれに続く二次会が素敵じゃなかったら、
ゲストの印象は「つまらない結婚式だったね。」となりがちです。

 

Fotolia_98630614_XS

理想の結婚式を!結婚式場探し・ブライダルフェア予約サイト【Hanayume】


友達にまかせていい?

基本的に二次会は新郎新婦の友人に全部おまかせするから、
新婦はあまり口出しはしないものですよね。
友達が好意でアレンジしてくれるのが二次会ですもの。

 

でも友達はイベントのプロではないし、
司会のプロでもありません。
いくら一生懸命頑張ってくれても不完全になるのは仕方がないですよね。
二次会の催し物がイマイチ盛り上がらず
グダグダになってもある程度は我慢です。

 

だって友達が好意で準備してくれた事実だけでうれしいですからね。



 本当は理想の二次会をしたいと思いませんか?

最高の披露宴をしたい。

それなら二次会も最高にしたいのが本音なはず。

それも友達に余計な負担をかけずに。

 

それが出来たら理想的ですよね。

gift box and key with pearl jewellery and white lace, retro toned

理想の二次会をするには?


私の幹事体験談

私は以前親友の結婚式の二次会の幹事をしたことがあります。

彼女とは4年間一緒に働いた同僚でした。

彼女に二次会の幹事を頼まれた時は「もちろん!」と二つ返事で引き受けました。

彼女の役に立ちたかったし、

喜んでもらえるように頑張ろうと思いました。

 

ただ予想外に難しいことが多くありました。

幹事をするのは初めての経験でしたし、

忙しい仕事の合間をぬって事前準備するのも結構大変で疲れました。

 

その時は新郎側の男性の友人二人と

新婦側の女性の友人二人の合計四人で幹事をすることになりましたが、

新婦側の友人が妊娠初期でつわりがひどく、

まともに歩けない状態だったので、

結局私が一人で新婦側の幹事を引き受けました。

 fotolia1863


幹事の苦労

 

 実際に二次会の幹事をしてみて、苦労した点を書きますね。

 

1.打ち合わせ

最低でも二週間前にする必要がある。

できれば1か月前が望ましい。

幹事全員のスケジュールを合わせるのが大変。


2.時間

開始時間が披露宴の1時間後だと新郎新婦の準備が間に合わない。

2時間は必要。時間調整に苦労する。


3.場所

昼間(15時ー17時)はレストランの営業時間ではないので場所を決めるのが一苦労。

また披露宴会場からのアクセスの良いオシャレな場所を探すのも大変。


4.催し物

披露宴と同じ催し物をしないように。

また参加者が飽きないイベントを考えるのが難しい。

食事のみだと参加者が飽きるので何かの催し物は必ず必要。


5.司会

新郎新婦が二次会会場に到着するまでに場を盛り上げる腕が必要。

しらけないようにするのが難しい。

人前で話すことに慣れていないとつらい。


6.賞品

ビンゴなどの賞品を前もって買う必要がある。

たくさん買うので賞品選びが大変。

保管場所にも気を使う。

当日運ぶのも大変。


7.食事

場合によっては参加者が満足する食事がとれるよう

レストランと交渉することが必要。

同じ金額なら牛肉料理を豚肉料理に変更するなど。

そこまでしても幹事はゆっくり食事する時間は無い。


8.ゲスト

当日迷子になり会場までたどりつけないゲストも居るので、

その対応に追われることもある。


9.その他

「二次会を成功させなければ!」というプレッシャーで

当日は精神的にも体力的にもヘトヘト。

 



Beautiful girl blonde bride with hair and makeup posing in a wedding dress in a bright interior. Advertising Space

理想の二次会をするには?


 友達に苦労をかけずに二次会が出来る方法

 

こんなに準備に時間をかけたにも関わらず、

二次会は大して盛り上がりませんでした。

 

仕方がないです。

私たちはプロのイベント業者では無いし、

プロの司会者では無いのですから。

でも友人として精一杯やりました。

 

新郎新婦からも

「ありがとう。お陰でいい二次会だったよ。」と

お礼の言葉を言われました。

 

ただ当日は午前中から披露宴があり、

引き続き二次会で一日中拘束され、ヘトヘトになりました。

 

正直言って

「せっかくの友達のお祝いの日なのに、あまり楽しめなかったな。」

と思いました。

 

もっとゆっくり写真を撮ったり、友人と話したりしたかったんですよね。

でもそんなヒマは無かったんです。

 

私の知り合いでは

「結婚式の二次会の幹事を引き受けた後に

新婦との関係が気まずくなった。」

というケースもあるそうです。

 

友人に負担がかかり過ぎるとそういう事が起こる可能性もありますよね。

 

「披露宴に出てご祝儀もあげて、二次会の会費も払ったのに

ただ疲れただけだった。」と思う側面もありますもの。

 

もちろん友人の結婚を祝いたい気持ちはありますよ。

でも負担が大き過ぎるんです。

 

どうせなら純粋な気持ちで友達の結婚を祝ってあげたいです。

 

Fotolia_106961855_XS



 自己負担0円で二次会が出来ます

新郎新婦・ゲストが心から楽しめる二次会

 

「友達に頼まずに理想の二次会が出来るの?」

と思いますよね?

 

「大金を払ってイベント会社に頼めばいいの?」

と思ったのではないですか?

 

そんなことをしなくても理想的な二次会が出来る方法が一つだけあります。

 

それも自己負担0円で。

友達に迷惑をかける事もありません。

 

新郎新婦が心から楽しめて、

ゲストからも「〇〇ちゃんの二次会最高だったね!」

と言ってもらえる方法があるんです。

 

2次会本舗に依頼すれば

クオリティの高い二次会がリスク無しで出来ます。

 

友達に二次会の準備を丸投げするのと同じ感覚で、

彼らに依頼してみて下さい。

 

 

 

あなたがする事は、

依頼する人を友達から2次会本舗に変えるだけです。

そうすればあなたも友達も更にハッピーになります。

 

なぜ自己負担0円になるかというと、

二次会のゲストの参加費から

一人いくらかのサービス料を

2次会本舗に支払えばいいからなんです。

 

だから新郎新婦が赤字になることはありません。

 

それ以外にも2次会本舗に二次会を依頼するとメリットがたくさんあります。

 

興味がある方はチェックしてみて下さいね。

 

結婚式二次会幹事なら2次会本舗


 

お友達に幹事を依頼するにせよ

自分が幹事になるにせよ

上記に書いたことを配慮していれば

きっと良い二次会になりますよ。

 

Fotolia_117346546_XS



あなたの二次会が最高の思い出になりますように

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村